リジュランシンポジウムで発表 - なつクリニック

なつクリニックのロゴ

0798-66-0008

リジュランシンポジウムで発表

リジュランシンポジウム

さる11/1日にリジュランシンポジウム(東京)で、シンポジストとして発表してまいりました。rejuran

発表内容は、8月から10月にかけて、リジュランの効果効能の客観的評価のため、院内でもモニター様のご協力を募り、アンケートや写真での評価をしてきたのですが、それらをまとめて、リジュランの適応、効果、今後の展望とともにお話してまいりました。

 

コンビネーション治療にリジュラン

韓国からいらっしゃった、Hyun Jun Park先生は、リジュランの基礎を1時間50分にもわたって熱弁され、大変興味深い話がたくさん聞けました。先生のお話から、リジュランを今後様々な症例に、コンビネーション治療として用いていこうと思います。 Park先生のお話が非常に内容が濃かったので、今回はシンポジウムという形だったのですが、私たち発表者のディスカッションがなくなってしまい~(^^;)まだまだ話したりず、会場に来られていた先生方の疑問なども直接お聞きできないままお開きとなってしまったのですが・・・。しかしながら私自身、非常に勉強になりましたし、また他の先生方に私の経験、考えを聞いていただくために、自身の考えを整理し、適応も絞り込みましたので、患者様にも自信を持っておすすめできます。

さて、この1日は私の誕生日でして、41歳になりました。私事でこの3年間ほど非常に忙しく、毎日時間に追われ、今もそうで、これからもまだまだそうですが、今回の発表も機に、患者様以外にも、外へ向けても発信し、学会、セミナーの参加のみならず、より積極的に日々情報を更新して、患者様にさらに役に立つ情報、治療をお届けできるよう頑張っていこうと思います。

リジュランのモニター評価にご協力いただいた患者様に、心より御礼申し上げます。

IMAG0264rejuranseminar

左から名古屋の、まりもクリニック院長 牧野良彦先生、Hyun Jun Park先生、私、テティス横濱美容皮膚科院長 濱野英明先生と。 リジュランに関しては、濱野先生のブログでもご紹介がありました。

肌を内側から自力で改善したい方には非常によい治療のリジュラン。水光注射に混合して使用することもできるので是非お試しください。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket