神戸・芦屋・西宮でニキビ跡、脱毛、しみ、しわ、たるみ等の美容治療お悩みは西宮北口の皮膚科・形成外科・美容皮膚科のなつクリニックへ

なつクリニック

ダーマペンとは

マルチプルニードルという12本の極細の針を使用し、お肌の上を滑らせるように施術していきます。

従来のダーマローラーとは異なり、痛みや出血が少なく、表皮の損傷を最小限に抑え、お肌全体を均一に穿刺していくことが可能となりました。その方のお肌のお悩みや、肌状態に合わせて穿刺の深さなども調節可能です。

このダーマペンを使用して、ニードルで皮膚にダメージを与えることで、コラーゲンの再構築を促していくことが単独でできます。単独で使用する場合も、これを滑らせるために使用する薬剤があり、なつクリニックでは、BENEV GF rejuvinating complexを使用しています。

また、その他の成長因子やリジュランなどの薬剤を浸透させるために、メソセラピーの手法としても使用できます。この場合、水光注射と同様、どのような薬剤を使用して行っていくかが重要なポイントです。

ダウンタイムは当日~翌日程度ですみます。
施術後、皮膚にできた細かな穿刺孔は数分間~数時間で塞がり、施術直後の赤みも数時間で軽減します。特にダウンタイムを気にされる方には、当院おススメのGF ハイドロジェル モイスチャライジングマスクを直後にされることやケアシスをオプションで受けて頂く事も可能です。そうすることにより通常よりダウンタイムを軽減できますし、ケアシスやパックの有効成分の浸透もより効果的となります。

ダウンタイムは水光注射よりも短く、翌日にはほぼわからないので、今まで水光注射のダウンタイムが気になって躊躇されていた方にも受けて頂けます。

治療間隔

通常2~3週間毎に3~4回を目安としますが、目的に応じて、他の治療と併用されることをおすすめしております。例えば、ニキビ跡にイントラセルとダーマペンの組み合わせや、目元のしわやハリにダーマペンとSRRといった治療を組み合わせていく事で、より効果を高めることができます。

こんな方におすすめ

darma

  • 肌のハリが欲しい方
  • 小じわやしわを改善したい
  • ニキビ跡や瘢痕、創傷治癒

料金

実際の治療動画

音声がありますので再生にはご注意下さい。


地図を拡大