神戸大学美容外科 - なつクリニック

なつクリニックのロゴ

0798-66-0008

神戸大学美容外科

神戸大学美容外科とは

美容外科といえば、私営の、チェーン店だけのものというイメージはありませんか?
実は大学病院にも、美容外科を擁している大学が、あります。

神戸大学美容外科は、平成19年 神戸大学医学部附属病院に、国立大学の独立診療科としては全国で初となる美容外科として設立されました。現在でも国立大学の美容外科は他にはなく(私立医科大を除く)、稀な存在です。

神戸大美容外科に新科長就任

この度、美容外科に診療科長として、原岡先生が就任されました。
原岡先生は、日本美容外科学会⦅JSAPS⦆の評議員・教育専門医でもあられ、他にも各種学会の評議員なども務めれおられる先生です。

その原岡先生が当院にお越し下さいました

本日、警報も出ている大雨の中、その原岡先生が当院にお越し下さいました。
神戸大学形成外科&美容外科グループの同門の一員として、今後の当院との連携体制や、先生の今後のご展望などをお伺いしました。

原岡先生は、とても柔らかな物腰の先生で、かつ大変おしゃれでな紳士でらっしゃいます。
長年の乳房再建、バストの手術のご経験(豊胸術・脂肪注入による豊胸術・インプラント抜去・乳房再建後の変形の修正)がおありで、
多くの形成外科医師、美容外科医師から慕われる存在です。


そんな原岡先生率いる神戸大学美容外科と、連携を確認(といってもこちらがお願いする立場ですが)でき、わざわざお越し頂けるとは光栄です。

神戸大学美容外科の連絡先

神戸大学美容外科ホームページ
ホームページはこちらです。

大学病院のホームページは具体的な事が見えにくい

さて、このホームページ。
どうも国立大学病院付属の美容外科となると、様々なレギュレーションがあるようで、具体的な絵を示したり、イメージしやすいユーザーフレンドリーなHPにしたいのに、それが今のところ難しいそうです。

さらに、大学病院の美容外科というと、料金が気になるところですが、現在新たな法制度にのっとり、価格の表示法の修正中ということで、料金が見れなくなっておりますが(2018/07/05現在)、大学だからといって、べらぼうに高いということはありません。
→追記 料金表が再掲載されました。

もちろん格安チェーンとは比べられませんが、手術を受けようと思った場合、適正価格であると思います。(私見です)

そんな自作で乗り越えないといけないと言われている大学のホームページに変わって、実際にはどんな治療をしているのか、
僭越ながら私が紹介させていただきます。

 大学のメリットってなに

やはり、安心感ではないでしょうか。

入院設備もあります。

 迷っていたら、困っていたら

他院で手術を受けたけれども、不満足な結果だった、という場合、「修正手術」という方法があります。

修正手術は、本来、元の手術をした医師が、可能なのであれば行うべきだとは思いますが、コミュニケーション不足や技量不足の場合、
「修正する」という方法があります。

他院での手術の結果を、望ましい形にするために修正することを「他院修正」と言います。

大学病院という特性上、こういった難しいケースについて、迷っておられたり、困っておられたりした場合、相談してみるのもよいかと思います。神戸大学美容外科の「他院修正について」のページはこちらです。

ただし、すべてのケースで修正手術が有効とは限りませんので、まずは主治医(元の執刀医)にご相談され、大掛かりなものであればある程、その場で決めてしまわずに、いったん持ち帰ってゆっくり検討され、ご不安であったり、困ったりしている場合には、大学病院にご相談されてみても良いかと思います。

 乳房再建後の修正も

最近では、乳がん切除後の乳房再建の手術を受けられる方も多くおられます。
そういった疾病後の治療に対する修正も、元来の形成外科で行うこともあれば、美容外科で、さらに「美的な観点」から修正が可能な場合もあります。

 

つながりの重要性

私の母校であり、出身医局である神戸大学形成外科から、美容外科が出来て、はや10年以上。
こうしてわざわざ大学の先生がお越しくださり、現状や今後のご相談ができる立場を非常にありがたく思います。
当院へお越しくださる患者様へは、私が信頼しているこのバックアップ体制が整っているという安心感も含め、日々技術のブラッシュアップを行いながら、患者様への利益として還元していけたらと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket