毛穴、ニキビ跡、傷痕の治療の現時点での完成形 - なつクリニック

なつクリニックのロゴ

0798-66-0008

毛穴、ニキビ跡、傷痕の治療の現時点での完成形

にきび跡、手術や事故の傷跡、毛穴の治療

にきび跡、手術や事故の傷跡、毛穴の治療に関する情報です。

なつクリニックでは2種のフラクショナルレーザーでの治療を行っています。
Clear and Brilliant クリアアンドブリリアント(Solta Medical)
eCO2 エコツー (Lutronic社)

Clear and Brilliant クリアアンドブリリアント

Clear and Brilliant クリアアンドブリリアント は、サーマクール、フラクセルなどでも有名なソルタ社の、1440nmのダイオードレーザーで、「フラクセル」と同じように点状に分割されて照射されます。 フラクセルよりも浅い層をターゲットにしています。ソルタ社の推奨方法よりも 独自の基準でかなり出力をあげていきますので、マイルドなアンチエイジングを狙うのではなく、毛穴治療や、炭酸ガスフラクショナルレーザーでのニキビ跡の治療と組み合わせて、さらに効果を出すための補助療法としても最適です。 おかげさまで、クリアアンドブリリアント(C&B)は西日本でも有数の症例数を誇るほど実績があります。

しっかりとした治療を行っていくと、色素沈着や赤みの遷延など、強く長く施術することで出てくる反応もあります。これらを避けるための 治療間隔の設定や、必要な補助療法など、症例数を重ねることで得られた情報がありますので、マイルドな治療をご希望の方にもアグレッシブな治療をご希望の方にもしっかり対応させて頂けると思います。エコツー(eCO2)は 炭酸ガスのフラクショナルレーザーです。主にニキビ跡の凹みや、クレーター、傷跡や手術跡の治療、肥厚性瘢痕の治療、拡大した毛穴の治療に用います。

炭酸ガスフラクショナルレーザー エコツー

最近では シネロンキャンデラ社の CO2RE(コア)や、アンコアを使用したブジッジセラピーなどでも炭酸ガスフラクショナルレーザーは多用されていますが、エコツーは設定がすべてマニュアルで術者の希望通りにさまざまな組み合わせで実施できますので、 これも導入してから3年以上が経過し、より色素沈着を起こしにくく、痛みを少なくしながらも深く深く治療していく方法へと変わって参りました。以前受けられた方の中でも、最近また受けられた方は、「以前よりもずいぶん楽だった」という声がよく聞かれます。 肥厚性瘢痕の治療には絶大な効果がありますので、リストカットのような線の傷よりも、顎周りのニキビ跡が盛り上がったような症例などでは、とてもよく反応します。また毛穴の治療は、なるべく日常生活への支障を小さくしたい方にはアグレッシブな治療はとても受けにくいものですが、エコツーを使ってピンポイントに毛穴ひとつづつを治療し、非常にダウンタイムやその間の赤みの程度などを軽減することも行っています。 男性でも鼻の毛穴治療に2か月に1回通われ、毛穴が目に見えて小さくなってきている方もいらっしゃいます。日常生活にはそれほど支障はないそうです。もちろん点状のかさぶたなどもできますが、これも3年以上経過し、照射方法にはかなり工夫が得られました。

エコツーなどのアブレーティブフラクショナルレーザー(皮膚の表面にも細かい穴があく)は、ダウンタイムの長さが問題でしたが、日常生活を送るのにそれほど支障のない設定で照射したり、スポットごとに強くあてて、周囲はきっちりカバーするといった工夫も可能ですので、以前ほど辛い治療ではありません。

ダウンタイムが長くても少ない治療でしっかり行うか、週1回のお休みだけを利用して複数回治療を行っていくか、ご都合に合わせて選んで頂くことができます。

私自身はエコツーとクリアアンドブリリアントの組み合わせ治療をもっともおすすめしています。
ただ、気になる部位によっても異なりますので、詳細は診察にてお願いいたします。

 

料金

クリア・アンド・ブリリアント

エコツー(eCO2)フラクショナルレーザー

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket