赤ニキビ跡 - なつクリニック/西宮北口駅前

なつクリニックのロゴ

0798-66-0008

ニキビ跡の赤みには

ニキビ治療には飲み薬や塗り薬など、保険治療をはじめとした治療方法が一般的に適応となりますが、ニキビ跡のお悩みは保険治療ではなかなか難しいとされるのが実情です。

当院ではニキビ跡の赤みに対して、ほとんどの患者様に『オーロラ治療』をおすすめしており、すでに多くの方が効果を実感されているのが事実です。 またごくわずかな数か所の赤いニキビ跡が気になる方には、「ビタミンCメソセラピー」または「ビタミンC局注」を実施しています。「ビタミンC局所注射」は数か所だけが気になる場合に特に有用で、通常なら数か月かかる治療が1回で変化を実感できることが多いです。

なつクリニック オリジナル「部分オーロラ」

オーロラ(フォトRF)』はシミやくすみなどのお悩みを解消し、様々な美容効果をもたらすと人気の高い美容治療ですが、実はニキビ跡の赤みに対しても高い効果が期待できます。
しかし一般的にオーロラといえば、どうしても金額がお安いものではありません。
当院の考えとしましては、ニキビ跡の赤みは一種の病気であり、皮膚治療目的としてぜひ多くの方に受けていただきたく、あまり他では耳にしない『部分オーロラ』と言うメニューを設け、特に気になる「頬」「顎」「鼻」「額」と分けることで価格を5,000円~10,000円と、より受けていただきやすく設定いたしました。

ダウンタイムについて

オーロラの良いところは、副作用やお肌へのダメージが少なく、治療後の赤みやひりつきなどダウンタイムの心配もいりません。当日お化粧をして帰っていただけます。その為、ニキビ跡でお悩みの多い若年層の方でも治療を始められるのも特徴です。
ニキビ跡は、赤みの段階では比較的早い改善が期待できますが、時間が経つにつれ、放っておけば色素沈着を起こしてしまうこともあります。そうなれば治療方法が変わったり、改善にも時間が必要ですし、さらに患者様の負担も大きくなってしまいます。

治療回数について

オーロラ治療は2~3週間の間隔で、最低でも5回とお考えください。
赤みに対しての効果が大変わかりやすいのはもちろん、回数を重ねていくうちにニキビができにくくなったと言うお声もたくさんいただいており、続けて治療希望される方も多数いらっしゃいます。
ぜひあきらめずに続けていただき、なるべく初期症状の段階で早めに治療を始めていただきたいと思います。
『本気でニキビやニキビ跡の治療をがんばりたい!』と言う方に。
当院では積極的に治療を希望される方をぜひ応援したいと考えご用意しました。

ビタミンC局注療法

ビタミンC局注とは部分的に、気になる赤いニキビ跡に対して、非常に細い針でビタミンCを皮下に注射していく治療です。 オーロラを複数回通う余裕のない方や、3か所から10か所程度の、少ないニキビ跡に悩まれている方には非常によい治療法です。 皮下に注入するだけですが、1度の注射だけでもニキビが沈静化します。また、肥厚性瘢痕になっていない平坦な赤いニキビ跡には効果的です。

ダウンタイムについて

皮下に注入しますが、ダウンタイムはありません。

治療回数について

1か所のニキビ跡に対して通常は1回の治療となります。 治療時点でアクティブなニキビが多数ある場合は、純粋なにきび跡だけとは言えませんので効果が不十分にみえることがあるので、他の治療をご案内することがありますが、適応がある場合は1回が目安、さらに気になる場合は期間を開けて数回行います。

料金表

(税別表示)