脂漏性皮膚炎 - なつクリニック/西宮北口駅前

なつクリニック

脂漏性皮膚炎とは

皮膚では皮脂腺から毛孔を通じて皮脂が分泌されていますが、この分泌が多くなった状態を脂漏(しろう)
と言います。

脂漏を基盤として、紫外線やカビ(真菌)などによって私費が脂肪酸に分解され炎症を引き起こすことがあります。これを脂漏性皮膚炎です。

また、脂漏性皮膚炎を発症・悪化させるものとして癜風(でんぷう)菌という真菌が関与していることが報告されています。

この菌は脂を好む菌ですが、皮膚に常在しているものです。ところが、脂漏性皮膚炎になるとこの菌が異常に増えるということがあります。

どこにできやすいのですか?

好発部位としては、頭皮や顔などの皮脂分泌の多い場所で、特に生え際や眉毛、鼻の際、耳の中や後ろと
いった部分や脇の下などの皮膚の擦れやすい場所です。

原因はいったい何ですか?

原因については今も不明ですが、いろいろな要因が影響して発症、悪化させているとされています。

  • 真菌(カビ)の発生
  • ストレス
  • 寝不足や暴飲暴食などの生活習慣の乱れ
  • ホルモンバランスの乱れ
  • 洗顔不足や過剰な洗顔などによる皮脂の貯留

治療方法

医師が処方する塗り薬や内服薬で改善しますが、そのほかの悪化要因となるものを除去していくことも重要な治療となります。

脂漏性皮膚炎はかぶれや尋常性乾癬、アトピー性皮膚炎、白癬などと間違われることがありますので、自己判断をしないで医師にまずご相談下さい。


地図を拡大