YAGレーザー トライビーム - なつクリニック/西宮北口駅前

なつクリニック

 QスイッチNd;YAGレーザー トライビーム(TRI-BEAM)


トライビームは表在性色素疾患を始め、肝斑治療にも効果的なレーザートーニングや毛穴の引き締め、 肌質改善にスキンリジュビネーションなどを行うことが可能です。

トライビームプレミアムの特徴

32nmと1,064nmの2つの波長のレーザー光により治療を行えるQスイッチNd;YAGレーザーです。 太田母斑、潜在性母斑などのあざ、刺青、アートメイクの除去、そばかすやシミなど表在性色素疾患の治療やレーザートーニングも行えるレーザー機器です。

レーザートーニング

従来のIPLやレーザーでは難しかった肝斑治療が効果的とされているのがこのレーザートーニングです。 通常、レーザーを照射することによりレーザー中央のエネルギーが強くなり、端に行くほど弱くなるというガウシアン型では強すぎるため、中心部分で炎症を起こして肝斑が悪化する可能性があり肝斑治療には適していませんでした。ですが、トライビームプレミアムのTureFlat-Topビームは均一なトップハット型の波形であり、レーザー出力の強弱にほとんど差がないため、適した熱量で肝斑治療が行えます。

さらにトライビームプレミアムにはPTPというレーザートーニング用モードがあります。PTPモードはレーザーを2回に分けてほぼ同時に照射します。この2連続照射は通常モードの1回分と同じ効果を得ることができ、かつ照射を分割しているため肌に与える刺激は通常より少なく、治療時の痛みも軽減されます。また、肌への刺激が少ない分、炎症も軽度ですみます。

適応

  • 肝斑(ただし症例によります)
  • くすみ
  • 色素沈着など
  • 肌の赤み

治療間隔の目安は1~2週に1回を5~6回です。

スキンリジュビネーション

レーザートーニング以外にも、Qusai-Long Pulse(準ロングパルス)によるGen Technique™というモードが搭載されており、肌にダメージを与えることなく、主に表皮から真皮層に働きかけ熱を加えコラーゲンを増生します。そのことにより皮膚のターンオーバーを促進し、毛穴を引き締めたり、肌のきめが整い、ハリ感がアップしたりします。また、目の下のクマにも治療できます。治療効果には個人差がありますが、化粧崩れがしにくい、くすみが軽減し明るいお肌という特徴がこのジェンテクニックというモードでの治療です。

適応

  • たるみ毛穴・毛穴の開き
  • 小じわ・ハリ感が欲しい方
  • お肌の若返り

その他にも、刺青の除去やあざ、ホクロの治療にもQスイッチヤグレーザーを使用可能です。

トライビームプレミアムで可能な治療

  • レーザートーニングによる肝斑治療
  • スキンリジュビネーション
  • レーザーピーリングによる毛穴の縮小
  • 毛穴の黒ずみの除去
  • そばかす・くすみ

副作用

  • 皮膚の赤みの持続、水疱形成、痂皮形成などを起こす可能性
  • シミ、肝斑治療による白斑を起こす可能性

料金

トーニングを2週に1回を5回続けた場合¥90,000となります。

(税別表示)※自費治療のため、保険は適用できません。

 


地図を拡大