神戸・芦屋・西宮でニキビ跡、脱毛、しみ、しわ、たるみ等の美容治療お悩みは西宮北口の皮膚科・形成外科・美容皮膚科のなつクリニックへ

なつクリニック

高密度焦点式超音波で脂肪細胞を破壊、低侵襲で痛みの少ない 痩身治療

リポセルとは、
脂肪吸引などの痛みや腫れも少なく、脂肪細胞のみを破壊していくHIFUテクノロジーを利用した、痩身治療機です。

HIFUテクノロジーとは、ウルトラセルでも使用されている、高密度焦点式超音波であり、超音波を一点に焦点を絞り、皮膚の表面を傷つけることなく、必要な部位に照射することで熱エネルギーを発生させます。

このHIFUの熱エネルギーによって、皮下脂肪をターゲットとし、1部位に3回の連続照射で88℃まで温度を上げることができるため、脂肪細胞が破壊されます。

破壊された脂肪細胞は、8~12週間程度で排出されます。
そのため、一度破壊された脂肪細胞は元に戻ることがないため、治療部位はリバウンドの可能性が低く、部分痩せが可能となります。
痩せたい部分だけに照射することで、痩せたくない部分はキープしながら、ボディデザインが行えます。
また、熱エネルギーによって、コラーゲン生成を促進し、皮膚表面のたるみの治療もすることが期待できます。
脂肪のたるみだけではなく、年齢により皮膚のハリがなくなった腹部などにも適しています。

実は、過去にもこのHIFUを使用した痩身治療の機器はありましたが、かなりの痛みを伴うため、治療を受けるハードルが高いことが難点でした。

この「リポセル」は、その痛みを改善するため、クーリング機能が搭載されており、ハンドピースの表面温度を5℃まで冷却しながら、実施していきます。
クーリングにより、痛みが軽減され、皮膚が保護していきながら治療していきます。

治療部位は、1エリア(サイト)が3㎝×3㎝となり、個人差はありますが、腹部で20~30サイトです。
下腹部のぽっこりだけなら8サイトくらいの照射となります。

注意点・副作用

▶照射後2~3時間程度、わずかにジンジンとする感覚が残ることや、照射部位をつまむと鈍い痛みを感じることがあります。特に普段の生活に差し支えることはありません。

▶治療後は日頃の食生活や運動不足に気をつけてください。
リポセルは部分痩せを叶えるマシンですので、痩せたくない部位(例えばバストなど)はそのままに、痩せたい部位だけ脂肪を落としていきます。

▶照射後のサイズダウンの評価として、1カ月後にご来院頂き計測をさせて頂きます。

▶照射部位の皮膚表面の赤みの持続、水疱形成、痛みの持続、内出血斑など起こす場合があります。

適応

指でつまんだときの脂肪の厚みが2.5㎝以上ある腹部であれば可能です。

治療時間

約1時間程度
治療の流れ 診察~計測~照射部位のマーキング~照射  1サイトあたり約90秒間の照射

施術回数

1回の施術でも可能ですが、 より満足のいく効果を出すために2回目を受けることも可能です。その場合、約3カ月間隔をあけることが望ましいとされます。 ※個人差があります

痛みについて

クーリング機能搭載により、患部を冷やしながら照射するため軽減されます。当院では痛みに弱い方にはヴァンキッシュMEがございます。また、ヴァンキッシュMEとの併用も可能です。

ダウンタイム、副作用

  • 個人差はありますが、ぶつけた時にできる青あざのような、内出血を伴う場合があります。
  • 皮膚にわずかな紅斑を生じることがあります。
  • 疼痛 治療対象部位に知覚神経がある場合、知覚鈍麻、疼痛などの症状がでることがあります。

こんな方に

  • ぽっこりお腹をなんとかしたい
  • 部分痩せがしたい
  • 何回も通院ができない
  • 年齢とともに緩んだ皮膚を引き締めたい。

料金表

(税別表示)※1サイト(3㎝×3㎝)
※自費治療のため、保険は適用できません。

 

 


地図を拡大