部分痩せにはリポセル第二弾 - なつクリニック

なつクリニックのロゴ

0798-66-0008

部分痩せにはリポセル第二弾

多くのクリニックで大人気の痩身機器「LIPOcel」

■リポセルの特長
リポセルとは、HIFU(ハイフー)という超音波技術を用いた、最新の痩身治療機です。

HIFUとは高密度焦点式超音波の略で、このHIFUを痩身用に開発したのが、リポセルです。

熱エネルギーを皮下脂肪にターゲットを絞って届けることで、皮膚の表面を傷つけることなく、皮下脂肪そのものを集中的に破壊してくれます。そのため、施術後のダウンタイムもなく、1回の施術でその他の痩身の機械に比べ、高い痩身効果を期待できます。 何度も通うことが難しい患者様は1度の治療でも、治療部位の脂肪の減少がわかるので、何度も治療に通えない方にも適しています。

脂肪細胞は、70℃以上の熱を与えるとネクロ―シス(細胞の壊死=その場ですぐに破壊される)が起こります。
これをacute necrosisといいます。
リポセルは、施術後1~2週間程度でそのネクロ―シスによる即時的効果がみられ、その後8~12週間程度でゆっくりと、アポトーシスという細胞の自然死による効果が現れてきます。これにより脂肪細胞が徐々に減少、縮小していきます。

この2段階の効果により、脂肪細胞の数自体が減るため、リバウンドの心配が少ないのも、HIFUを使った痩身治療の良い点です。通常のダイエットでは一度サイズダウンをしたとしても脂肪細胞が減ったわけではないので、少し食べ過ぎただけでもすぐにリバウンドしてしまう心配があります。 しかしリポセルは脂肪細胞を破壊し、脂肪を体外へ排出するので、1度破壊された脂肪細胞は元には戻りません。

したがって、ダイエットをしても減りにくい下腹部や、腰回りなど、食事や運動などの努力では減りにくい部分に、効果的です。

Front

■治療後の注意点
▶照射後2~3時間程度、わずかにジンジンとする感覚が残ることや照射部位をつまむと鈍い痛みを感じることもあります。
特に普段の生活に差し支えることはありません。
▶より効果的に照射するため、照射部位を介助の者が脂肪を集めて、支えて照射します。そのため掌でしっかりつかんだことによる軽度の皮下出血が出ることがあります。
▶治療後は日頃の食生活や運動不足に気をつけながら、理想のスタイルを維持することができます。 また、リポセルは部分痩せを図るマシンですので、痩せたくない部位(例えばバストなど)はそのままに、痩せたい部位だけ脂肪を落として理想どおりのプロポーションを叶えることができる、非常に優れたダイエット治療です。
▶照射後のサイズダウンの評価として、1カ月後にご来院頂き計測をさせて頂きます。

■適応
指でつまんだときの脂肪の厚みが2.5㎝以上ある腹部であれば可能です。

■治療時間
約1時間です。
治療の流れ 診察~計測~照射部位のマーキング~照射

■施術回数
1回の施術で効果が得られます。 より満足のいく効果を出すために2回目を実施するのが望ましいですが、その場合、約3カ月間隔をあけて1回目の施術の効果を確認します。 ※個人差があります

■痛みについて
クーリング機能搭載により、患部を冷やしながら照射しますが、部位や出力によってはすこし痛みがあります。
当院では痛みを少しでも緩和できるように脂肪溶解注射を行ってから施術することも可能です。

■ダウンタイム
なし
※個人差はありますが、ぶつけた時にできる青あざのような、内出血を伴う場合があります。
内出血は2週間程度で引き、腫れることはありません。

■施術できない方
1. 施術部位に金属糸または金属プレートなどを入れている方
2. 施術部位に重篤な皮膚疾患および感染症がある方
3. アルコール中毒や薬物中毒で精神神経症の方
4. 出血性疾患がある方
5. 心臓ペースメーカーなど埋込み型医療機器を体内に埋込みされている方
6. 悪性腫瘍を有する方
7. 妊娠している方

※上記以外にも施術が適応外となる場合がございます。詳しくは医師にご相談下さい。

■料金
1サイト3㎝×3㎝
30サイト 280,000円
20サイト 200,000円
10サイト 120,000円
追加 1サイト10,000円
モニター様特典で30%オフですので、実施しておりますので、測定およびお写真公開が可能な方はお声かけください。


実際の治療の詳細はこちらをご覧ください。

なつクリニック皮膚科・形成外科
0798‐66‐0008

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

過去の記事はこちらからどうぞ