まさかの日焼け止め、ヘリオケア忘れ - なつクリニック

なつクリニックのロゴ

0798-66-0008

まさかの日焼け止め、ヘリオケア忘れ

飲む日焼け止めを忘れてしまって

なつクリニックは夏季休暇を頂いておりましたが、皆様おかわりございませんでしょうか。

短い夏休みではありましたが、水嫌いな子供に夏らしい体験がさせたくて、私は沖縄に行って参りました。

関西も豪雨などありましたが、沖縄も出発当日から3日間の雨予報。 悲しい気持になりつつも、なんとか晴れることを願って出発。現地で雨か曇りだと、室内が中心になるので、たくさん用意していたラッシュガードも枚数を絞って荷物を軽くして、日焼け止めも耐水性のものもあれだけ調べたのに(過去記事はこちらを参照下さい)、顔や手先がメインで、日常使用のものを中心に。ところがついてみると、基本は曇りなんですが、晴れ間もちらほら。そして日焼け止めを塗ろうと思ったら、なんとウォータープルーフの日焼け止めがない!!!ないんです、鞄の中に。そしてヘリオケアもない。

が~ん。水着などは3日間以上前から準備していたのですが、化粧品や常備薬などは、出発前日に娘が熱発し、娘の薬や体調に気がとられ、自分のものは後回し状態になっていて、なんでこれを持ってきたんだろう?という組み合わせ。しかも大事な大事なヘリオケアがない・・・。ショックすぎる・・・。 仕方がないので、ラッシュガードをなるべく着て、顔はいつも通りの手入れにしていたのですが、問題は娘。

子供にも使用できます

せっかく買った水遊び用の帽子もかぶらない、イヤ!と言いはり、諦めて日焼け止めを塗ろうとしたら、顔を触られるのも嫌がり、きちんと塗れない。しっかり塗ると、洗顔も泣いて嫌がるので、きちんと落とせないですし…。もともと水嫌いですし、お天気も悪かったので、必死で塗らないでもまあいいかと諦め、頬だけ優しい日焼け止めを少し塗りました。が、翌日から目をこすってひどく掻くようになり、よく見ると目の周りが真っ赤。日焼け止めを塗れなかった部分が顕著に焼けていて、乾燥して痒そうです。私の仕事柄を考えると、痛恨。娘がぐずるから諦めましたが、これは無理矢理でもぬって、泣かしてでも洗い流すべきでした。

日焼け止めの効果実感

プールや海では大勢の子供たちが朝から歓声をあげていましたが、インドア派で水嫌いな娘は、体調も本調子ではないため、浜辺での砂遊びや、ちょっとの水遊びだけでしたが、夜はホテルのプライベートビーチに設けられた花火スペースで、初めての「自分で持つ花火」体験もして、少しは休みらしい体験ができたかな。それにしてもそんな晴れ間のちょっとした水遊びだけでも、日焼けをさせてしまい、日焼け止めの効果を実感した夏休みでした。やはり子供に塗れる、効果の高い日焼け止めは必須です。超当たり前なんですが。

そして大人には優秀なラッシュガードと、つば広帽子。最近はラッシュガードっぽくないボーダー柄のパーカーなど色々でていますね。そして、これらで覆えない場所には、日焼け止めが重要ですが、最近では当院スタッフも皆、特にヘリオケアに頼っています。おすすめです♪ ヘリオケア詳細はこちらをご覧ください。

image1 (3)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket