新しい高周波治療「ボルニューマー」 | なつクリニック美容皮膚科・形成外科

新しい高周波治療「ボルニューマー」 | なつクリニック美容皮膚科・形成外科 - なつクリニック

なつクリニックのロゴ

0798-66-0008

新しい高周波治療「ボルニューマー」

ボルニューマーとは

Volnewmer(ボルニューマー)はRF(高周波)を使用した治療器です。

表皮にはできるだけダメージを与えず、真皮・脂肪層に熱を加えることで脂肪層の線維質を増加させ、脂肪層の引き締め・たるみの改善を行います。またもう一つの効果が真皮内のコラーゲン生成を促すことで、肌の弛み・シワの改善・肌のハリ・リフトアップ効果です

※RF(高周波)とはとはラジオ波という高い電磁波の一種です。体内の分子同士を摩擦し熱を発生させ、その熱が皮膚の引き締めをもたらせます。

 

肌のタイトニング
リフティング
輪郭を整える
スキンリジュビネーション
が目的の高周波治療です。

治療のメカニズム

ターゲットは真皮層と脂肪層

高周波(RF)による照射マシンは電極が1個の「モノポーラ式」と2個の「バイポーラ式」、3個の「マルチポーラ式」があります。ボルニューマーはモノポーラ式となり、真皮層・脂肪層と皮膚の深い部位へ均一な熱エネルギーを加えることが可能です。

ボルニューマーから照射される高周波(6.78MHz)は、皮膚のタイトニングに有効かつ強力な周波数です。
皮膚表面を冷却保護しながら安全かつ均一に熱を与えコラーゲンの収縮及び再構築を促します。

ボルニューマーの特徴

  • 独自のRF技術により均一に真皮上層から脂肪層まで熱エネルギーを維持して安全な照射が可能
  • 継続的な冷却機能により、コンタクトクーリング(水冷式)が搭載されているため、痛みや熱感を緩和
  • 4種類のチップで加熱深度や照射面積をお顔や治療部位や皮膚の厚さなど患者様に合わせた照射が可能

 

ボルニューマー(RF高周波)とHIFUの違い

HIFU(ハイフ)は高密度焦点式超音波で文字の通り、高密度の超音波を皮下3.0㎜や4.5㎜をターゲットに焦点を当て(太陽の光を虫眼鏡で集めるような)1点1点に集中して熱ダメージを与えることで、リフトアップ効果を得られます。また、その焦点式に照射される熱の温度は65~75℃となり、コラーゲン生成に最も適した温度と言われています。それに対してボルニューマー(高周波)は上記でもあるように、真皮層や脂肪層をターゲットに広範囲かつ均一に熱を加えることができます。高周波も熱を発生させてタイトニングを行うという点ではHIFUと同じような治療と思われがちですが、熱の伝わり方が異なってくるため、お顔によってはHIFUとボルニューマーを組み合わせることでよりよい治療効果を得ることができます。

 

ボルニューマーの治療の流れ

  • カウンセリング、診察にて治療内容ご説明いたします
  • 治療内容をご確認いただき同意書などご記入いただきます
  • 洗顔をして頂き、治療を開始します
  • 治療時間はおおよそ30分~40分程度です
  • 治療直後よりメイクは可能です
  • 2回目以降の治療目安は3カ月~6カ月です

 

 

料金

美肌ボルニューマー 55,000円
引き締めボルニューマー 110,000円
たるみ引き締めボルニューマー 165,000円

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
前の記事へ:
メソナJ
次の記事へ:
新しい脂肪溶解注射 導入
books on zlibrary