小顔治療 BNLSネオ&ウルトラセル<HIFU> - なつクリニック

なつクリニックのロゴ

0798-66-0008

小顔治療 BNLSネオ&ウルトラセル<HIFU>

小顔治療 脂肪溶解とウルトラセルを同時に!

治療例

治療前と、治療直後(当日)です。

専門的には、本来は立って撮影すべきなのですが、この写真は、寝た状態で
施術の前後に撮影したものになるのですが、

それでもこの違いです。

術後が少し赤みが出ているのは、治療による熱が加わっているから。

ウルトラセルのHIFUは、引き締め効果が高いですが、

このように、即時効果もあります。

副作用・注意点

1:HIFU[ハイフー]

ダウンタイムはほぼありません。個人差はありますが、軽度赤みがでることがありますが数時間~翌日には消失します。
当日から外出、メイクなどは可能です。
副作用として皮膚表面の赤みの持続、稀に、膨隆疹、水疱形成を起こす場合があります。

2:イントラジェン

ダウンタイムはほぼありませんが、直後に赤みが出ることがあります。
当日から外出、メイクなどは可能です。
副作用として、ごくまれに水疱形成など起こす場合があります。

 

治療内容・費用

脂肪溶解注射 <BNLS Neo> 4本 顎裏に注入 ¥36,000(1本¥9,000)

ウルトラセル(UltraCel) HIFU顎裏中心にフェイスラインを照射 1回¥40,000

二重あご治療

 二重あごの種類

皮下脂肪が原因

二重あごには、皮下脂肪が多く、皮膚のたるみがあるケース

下顎骨の形が原因

下顎骨による支えがないと、皮下脂肪はすくなくても、二重あごに見えるケース
エイジングにより、骨吸収といって下顎の骨の吸収(小さくなる)も進むので、顎が元来小さい方は、より二重あごが悪化したように見えることがあります。

 

 二重あごの種類別対処法

皮下脂肪が多いケース
HIFUと 脂肪溶解注射<BNLS><BNLS ネオ> で 皮下脂肪の量を減らし、ひきしめます

顎が小さいケース
ヒアルロン酸などの注入治療で、後退した顎を形成します。それによりシャープな顎をつくり、顎裏の肉もひきあげられ、二重あごの改善が期待できます

皮下脂肪と顎の骨の2つの要因が重なっているケース
上記の治療をくみあわせることで、効果的に治療できます

 

問い合わせ先

なつクリニック 0798-66-0008 または LINE@で 会員登録からご連絡ください

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket