マイクロボトックス - なつクリニック

なつクリニック

マイクロボトックス

マイクロボトックスとは、シンガポールの美容の権威、Dr.WofflesWu先生が考案した治療方法で、ボトックスを使用し、特定の筋肉の動きを極端に制限することなく、全体のバランスを整え、リフト効果を出しながら、肌の質感改善(毛穴、汗、皮脂のコントロール)をかなえる治療方法です。

btr_thum1

Wu先生は、2005年以前からこの方法を実践されており、長年の経験と改良を重ね、論文を書いておられる先生です。

Wu先生は、シンガポールでは大変有名なセレブで、アジア各国にも著名人の患者様がいる先生です。

そのWu先生が、先日、なつクリニックに来てくださいました。

natsuclinicWu

たびたび学会でもお世話になったり、何年か前にもお越しくださり、そのときには、じきじきに、「マイクロボトックス」の施術方法をご指導くださいました。

前回、ずいぶん前にお越しいただいたときは、先生の非常に繊細なこだわりテクニックを教わって、忠実に再現していくのですが、私の打ち方が「うまい」、とお褒めを頂き(笑)、実際に皮膚に薬剤が入っている様子、打ち方、その全体像などをスマホで撮影されていたのですが、その後先生がマイクロボトックスに関する新しい論文を出される際、当院で撮られた、私が打った際の写真を論文に提供してくれないかということで、そのときに度々連絡をいただいて以来の仲です。

論文や学会などで、私の手と当院の患者様の頬などが写っているのを見ると、ちょっと不思議な気持ちになります。

さて、本題からそれましたが、

そのマイクロボトックスは、とても洗練され、改良を重ねられた治療方法です。

よく患者様にはどのような治療でも「エンドレスで続けないといけませんか」と聞かれますが、そうではありません。

ボトックスほど、よい結果が得られ、害がなく、広く使われているのに、日本での知名度が低い薬はないのじゃないかと思ったりします。

しわができ続けているのを放置していると、より老化の進んだ顔になります。
気になる部位が出てきたら少しずつボトックスなどでしわに対処する方が、やらないで放置する5年後、10年後よりも若々しく、自然な美しさが保てます。

なので、いったんやるとエンドレスかという問いはナンセンスで、やってもいいし、やらなくてもいい。

でも、できれば続けておいたほうが、より良い状態にできる、ということです。

 

そして体調など諸事情があって途中お休みしたとしても、まったくやらずに放置した何年か後よりも、日ごろ美容治療をしている方のほうが、圧倒的に状態は良いです。

 

その中でも、マイクロボトックスは、通常の部分的な筋層に打つボトックス治療と違って、皮膚の質感の変化ももたらしますが、美意識の高い方に特に満足度が高い治療だと思います。

このマイクロボトックスは、美容意識の高い方では継続的に受けられることをお勧めしますし、
そこまでずっと続ける自信がないわ、という方には、たとえば挙式前とか、舞台前とか、最高の状態に持っていきたいときに、より自然に、若々しく見せるため、そして汗や皮脂のコントロールをしたいときなどにも向いていると思います。

 

マイクロボトックスは顔全体の場合は、ボトックスの使用量にもよりますが、86000円です。

おでこのしわ治療などで、過去に重たくなったりしたという方や、特殊なやり方を望まれる場合に使用する場合は、部分的な使用だけですので、4万円前後となります。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket