神戸・芦屋・西宮でニキビ跡、脱毛、しみ、しわ、たるみ等の美容治療お悩みは西宮北口の皮膚科・形成外科・美容皮膚科のなつクリニックへ

なつクリニック

水光注射とは?

水光注射とは、ヒアルロン酸を顔全体にまんべんなく注入することで、光り輝くような弾む肌をつくる治療のことをいいます。この水光注射は、皮膚の浅い層に極細の針が5本ついたチップを利用して、1度に5か所ずつ細かく注入していけるという機械(ヴィタールインジェクターやダーマシャインなどが有名)を利用して、ヒアルロン酸単体を注入することから始まりました。

ただそれだけではそれほどの効果が高いとはいえず、何を注入するかが重要なポイントです。水光注射のブーム以来、非架橋のヒアルロン酸で水分を与えるだけよりも、アミノ酸やビタミン含有のリデンシティーⅠやその他の同様のヒアルロン酸を注入していくことで、短期的な潤いだけではなく、本来のアンチエイジング、皮膚そのものにコラーゲンが増えハリがでることを目的とするようシフトしてきています。

水光注射の特徴

こんな方に

  • こじわが気になる
  • 全体的に皮膚にハリ、つや、水分がない
  • 肝斑やくすみが気になる

ここがポイント

当院では、17種のアミノ酸に、ビタミンCなどの各種抗酸化成分、コエンザイム、9種のビタミンを含んだアンチエイジング目的に優れたヒアルロン酸を使用して、「肌を育てていく」水光注射を実施いたします。

また、どのような薬剤も同時に接種することができるのでニキビやニキビ跡の改善にはビタミン剤や成長因子を追加した水光注射を行いします。皮膚のハリのなさやアンチエイジングには成長因子を中心に、肝斑の方にはトラネキサム酸などの美白成分を追加します。また、毛穴の目立ちが気になる肌には、皮膚の浅い層にボトックスを注入することが水光注射の治療で同時に行うことができます。水光注射の効果で皮膚に水分を与え、追加された薬剤でコラーゲン生成を促しながら、こじわ、色調などを改善していきます。ボトックスを同時に実施する方はボトックスの効果で、肌のつやが出て、たるんだ毛穴を引き締め、こじわを改善します。

治療間隔

3~4週毎、通常は3回程度を目安とします。できればその後は3ヶ月毎にメンテナンス治療をおこなえれば理想的ですが、当院では初回治療で効果実感が得られるように努力しています。数種類の薬剤を患者様の状態に合わせてオーダーメイドで組み立てていきますので、1回の治療でも時間とともにハリや小じわの改善、肝斑の改善などが期待できます。

ダウンタイム・合併症

針痕が残りやすい人でなければ、翌日くらいにはメイクを軽くすれば他人に気づかれるほどではないのですが、針の跡が残りやすい人は、3日間ほどは赤い点々が目立つかもしれません。
また、ニキビ跡の改善や、コラーゲン増生を期待して行う治療はより深めに注入する必要があります。深めにいれると数日間膨疹ができたようになったり、また薬剤の漏れを少なくするように吸引圧がつよいとやや紫斑が残ることがあります。紫斑が残りやすい場合は5日間ほど目立つことがあります。

また最先端のアンチエイジング薬であるリジュラン®を使用される方は、数日間はわずかな赤みがでる場合があります。色白の方で赤くなりやすい方は5日間ほど全体が赤く感じる場合があります。

なつクリニックの水光注射のここがすごい

1)1回の治療で効果を最大限に出すこと 2)ダウンタイムは患者様のご意向によって、効き目を優先するかダウンタイムを優先するかをしっかりお伺いし、ニーズに合った治療を心がけています。

たとえば、くすみも肝斑もあり、ハリのなさもお悩みの方なら、トラネキサム酸という肝斑に有効なお薬を全体に混合するよりも、肝斑部位にだけトラネキサム酸がしっかり入り、全体にはその他の美肌成分がたくさん届けられる方が有効です。ですので、1回の治療中に非常に面倒でも、肝斑部分にだけ後からトラネキサム酸をシリンジに追加し、セットしなおして治療するということを行っています。これは手間が余計にかかりますが、1回の効果を最大限にするための工夫です。

料金

17種のアミノ酸に、ビタミンCなどの各種抗酸化成分、コエンザイム、9種のビタミンを含んだヒアルロン酸を使用しています。

各種オプションコース(上記¥40000に加えて)

 


地図を拡大